« きつねのでんわボックス | Main | ルピナスさん ちいさなおばあさんの話 »

August 04, 2007

やっぱりおおかみ~自分らしさとの出会い

 佐々木マキさんというと村上春樹氏とコラボした『羊男のクリスマス』を思い出してしまう。イラストレーターだと思っていたけどおはなしも作るんですね。

 一方オオカミというと悪者の代表格。ずるくて悪賢くて子ブタや子ヤギや赤ずきんをパクリと食べちゃうイメージですが、このおはなしのオオカミは誰も傷つけずに誰にも迷惑をかけずに生きています。 

 気がついたとき、おおかみはひとりぼっちでした。まだちいさいおおかみです。おおかみはウサギやヤギやシカが群れを作って過ごしているのがとっても羨ましくて自分にも仲間がほしいと思います。でも、なかなかおおかみの仲間は見つかりません。最後は誰に同調するんじゃなく、ひとりでもおおかみはおおかみらしく、おおかみとして生きていこうと決意します。

 人間はひとりで生まれてきて、ひとりで死んでいきます。どんなに大勢周りに人がいても実は誰もがひとりぼっちなんです。自分がひとりだという自覚をもてないまま大人になってしまった人は、どこか脆いところがあるように思います。孤独を自覚できる人は常に自分の気持ちと向き合い自分はどう思うか、自分はどうしたいか考えています。だから何事も自分自身で判断して決定を下せます。

 世の中に自分と同じ人間は二人といないんです。自分はひとりなんだと気づく時、最初はとっても不安でしょう。でもそれは誰もが同じ、あたりまえの現象なんです。自分は世界にたったひとりなんだから、他の誰とも違う自分らしさを追及していけばいいんです。

 この絵本は幼児に読んであげても勿論いいですが、どちらかといえば中高生に読ませたいですね。ただ単に絵本を読めと言っても抵抗されそうだから、英訳してみろとか言って。



 

|

« きつねのでんわボックス | Main | ルピナスさん ちいさなおばあさんの話 »

Comments

こんにちは。久々にこの絵本の表紙を見ました。
悪者の代表格かー・・やっぱりそういうイメージですかね(^^;)
でも、最近は狼に好意的な絵本も増えたような気がします。
実際、世の中には意外なほど狼好きがたくさんいるんですよ。
それはさておき、

自分は世界にたったひとりなんだから、他の誰とも違う自分らしさを追及していけばいいんです。

って、良い言葉ですね。
確かに、せっかく一つしかないのに他のものになろうとするのはもったいない。
ただ、自分らしさってのがまた曲者で、若者は悩むわけです。
要するに、自分が理想とする個性と自分が生まれ持った個性は一致しないこと多いのね(^^;)

Posted by: えほんうるふ | August 07, 2007 at 10:24 PM

>要するに、自分が理想とする個性と自分が生まれ持った個性は一致しないこと多いのね(^^;)

ふか~いお言葉です(・・;
確かに傍から見た個性と自身の個性にギャップがある人いますねえ。というか自分自身に置き換えてみてもちょっと耳が痛い言葉かもしれない。時々自分は物凄い『勘違い女』なんじゃないかと思う。

ほんとは大した奴じゃないくせに、さも自分が大者みたいな気になって・・・だから人様の書いたものにエラそうにレビュー書けるのかもしれない。

オオカミに関していえばキツネに比べるとズルさが少ないような気がします。『3匹のコブタ』や『7匹の子ヤギ』に出てくるオオカミは悪い奴だけど、ちょっと間抜けなところがあって憎めないですよね。

キツネとオオカミだったら明らかにオオカミのほうが強いんだと思います。だからズッコケられるのかしら?反対にキツネはオオカミほど実力(?)がないからその分悪知恵を働かせるのでは?

いずれ研究してみたいテーマです。

Posted by: ぴぐもん | August 08, 2007 at 09:40 AM

「そのまんま、そのまんま」
どこかの知事じゃありませんよ。
人間がそのまんまでいられることって、実はとてもむずかしいのでしょうね。
えほんうるふさんがおっしゃるように、若者の考える個性と本来もっている個性って違うんですね。
そのまんまが個性なのにね。
みんなが、そのまんまを受け入れられたら、平和なのに、どうしても、自分と違う人を排除しようとするのは、弱い人間だと思いませんか。
そして、声の大きな、力の大きな方が、小さな方を巻き込んでしまう。
おかしなもので、一人ではいい人なのに、二人三人と寄ると、どうも人格が変わる人っていますよね。
そういう人は、自分がないんでしょうか。
大人になっても、自分を持っていない人って、案外多いと思います。
みんながそのまんまでいられたらいいのにね~
羊は羊らしく、狼は狼らしく。

Posted by: noel | August 08, 2007 at 09:55 PM

おっしゃる通り自然体でいることって難しいですよね。誰かに憧れるとその人のようになりたいと願う気持ちから、その人と同じようになっちゃった気になったりして・・・

集団になると人が変わる人は、やっぱり虎の威を借りているんでしょうね。ひとりだと自信がないから言いたいこともいえなくて・・・ある意味気の毒ですね。

人間自分のいい部分はすぐ認めるくせに、悪い部分はなかなか認められない。自分の欠点を素直に認められるようになれば、また、違ってくるんでしょうね。

いずれにしても難しい問題です。

Posted by: ぴぐもん | August 09, 2007 at 06:02 PM

Hi there just wanted to give you a quick heads up. The words in your article seem to be running off the screen in Firefox. I'm not sure if this is a format issue or something to do with browser compatibility but I thought I'd post to let you know. The design look great though! Hope you get the problem solved soon. Kudos

Posted by: sbothai | October 24, 2015 at 06:01 AM

Woah! I'm really enjoying the template/theme of this site. It's simple, yet effective. A lot of times it's difficult to get that "perfect balance" between usability and visual appearance. I must say that you've done a very good job with this. Also, the blog loads super quick for me on Firefox. Superb Blog!

Posted by: sbothai | October 25, 2015 at 07:29 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90036/16007912

Listed below are links to weblogs that reference やっぱりおおかみ~自分らしさとの出会い:

« きつねのでんわボックス | Main | ルピナスさん ちいさなおばあさんの話 »