« ゼラルダと人喰い鬼~悪を善へと変える力 | Main | 映画:チャーリーとチョコレート工場 »

May 04, 2007

空とぶライオン~勝ち組のため息

 『100万回生きたねこ』や『おぼえていろよおおきな木』でお馴染みの佐野洋子さんの絵本です。この絵本もあたたかいお話ではあるのですが、ちょっと考えさせられてしまいました。

 あるところに金のたてがみをはやした立派なライオンがいました。ライオンは狩がとっても上手。まるで空を飛ぶように走る姿はカッコよく、ネコたちのヒーローでした。ライオンは集まってくるネコたちにご馳走してあげたくて、狩に行っては獲物をネコたちに分け与えます。ネコたちは当然のようにご馳走になります。

 毎日狩に行くライオンはたまにはゆっくり休みたいと思うようになります。ところがネコたちはそれを許しません。ライオンのことばを冗談だと思い聞き流してしまいます。ライオンはしぶしぶ狩りにでかけます。ところがある日、疲れ果てたライオンは動けなくなってしまい、とうとう金の石になってしまいます

 このあと、ライオンは長い眠りから目を覚まし、ハッピー・エンドに終わるのですが、あとにすっきりしないものが残ります。この本を読んで群集の暴力ということばを思い出してしまいました。何かで注目を浴びると賞賛と同時に批判を浴びるものです。そして有名な評論家の言った批評よりも無数の無名な群集のことばにならない批評こそが受ける側にダメージを与えるというのです。

 このお話のネコたちは批評はしませんが、過度の賞賛はライオンのプレッシャーになり結果的にライオンを苦しめる暴力となるのです。あらゆる世界に存在する抜きん出た人達はこういった賞賛という暴力に日々耐えているのかもしれません。

 もっと身近な例をあげるなら、会社というのは大勢の人が協力しあって成り立っています。ところが会社にいる全従業員が皆、同じだけ働いているわけではないのです。営業マンが10人いる会社があるとします。その中に2、3人の優秀な営業マンがいればあとの7、8人はそこそこに勤めれば成り立ってしまうのが会社です。商品開発もヒット商品を開発出来る人がひとりいれば、ほかの人の開発が当たらなくてもなんとかなってしまいます。

 優秀な人というのは天性の才能もあるでしょが、実は人一倍努力しています。優秀なサラリーマンは家庭を犠牲にして残業やら休日出勤やらしているのが現実です。会社は出来ない人よりも出来る人に期待をかけ、出来る人に余計に仕事を頼みます。だから出来る人は常に仕事を山ほど抱えていなければなりません。

 格差社会というと負け組のぼやきばかりがクローズアップされますが、勝ち組の人にもぼやきたいことのひとつやふたつはあるのかもしれません。 

 いいよな~あいつら定時で終わってこれから合コン。俺はこれから取引先と打ち合わせ。明日は朝から接待ゴルフ。いい加減他人のご機嫌とるのもうんざりした。休みたいな~○○くんみたいに部長に楯突いてみたいな~俺なんかそういうの駄目なんだよな~

|

« ゼラルダと人喰い鬼~悪を善へと変える力 | Main | 映画:チャーリーとチョコレート工場 »

Comments

First off I would like to say excellent blog! I had a quick question in which I'd like to ask if you don't mind. I was curious to find out how you center yourself and clear your mind prior to writing. I have had a hard time clearing my mind in getting my thoughts out. I do enjoy writing but it just seems like the first 10 to 15 minutes are wasted simply just trying to figure out how to begin. Any ideas or tips? Kudos!

Posted by: pure acai berry | November 14, 2014 at 04:04 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90036/14949414

Listed below are links to weblogs that reference 空とぶライオン~勝ち組のため息:

« ゼラルダと人喰い鬼~悪を善へと変える力 | Main | 映画:チャーリーとチョコレート工場 »