« おスだんなと、おスおくさん~ばか者を愛するイギリスの伝統 | Main | ロバのおうじ~エゴイズムの皮 »

March 01, 2007

グリーシ~ケルトの幻想的ロマンス

 こちらも『イギリスとアイルランドの昔話』の中のひとつで、アイルランドのお話です。

 ある夜若者グリーシは妖精たちが集まっているところに出会わせました。妖精達と一緒にフランスまで行きちょうど城の婚礼の席に姿を消して参列します。その夜結婚させられるお姫様は望まない相手との結婚を悲しんでいました。それを知ってる小人の一人はお姫様を奪おうとします。小人はグリーシが人間なのでお姫様を馬で運べるため連れてきたのでした。

 お姫様を奪った妖精一向はアイルランドに戻ります。グリーシはお姫様が小人のものになってしまうのが気の毒に思い自分が連れて逃げます。怒った小人は呪いをかけ、お姫様は話すことが出来なくなってしまいます。司祭さまのところに身を寄せたお姫様の元にグリーシは毎日尋ね、いつしか二人の間に愛情が育まれます。

 ちょうど一年経った夜、グリーシは妖精が集まっていたところに行ってみます。妖精たちはグリーシのことを今でも怒ってます。それでも妖精がグリーシに言った悪口から呪いを解く方法をかぎつけ、お姫様は話が出来るようになり、その後二人は幸せに暮らしました。

 とてもロマンティックなお話ですね。現実的なイギリスに比べアイルランドの話には幻想的なものが多いように思われます。イギリスと一口にいってもイングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドという4つの国から出来ています。そのうちイングランドはアングロ・サクソン系、イングランドを除く3つの国はアイルランドと同じケルト系の人達で主に構成されています。

 ハリー・ポッターのJ.K.ローリングスさんはウェールズ出身。ナルニアのCSルイスはアイルランド人。ケルト系はファンタジーの宝庫ですね。

|

« おスだんなと、おスおくさん~ばか者を愛するイギリスの伝統 | Main | ロバのおうじ~エゴイズムの皮 »

Comments

ファンタジー大好きです♪
ハリーポッター、指輪物語、ナルニア…最近はCG技術が向上し映画化も盛んになり、ファンタジー好きにとっては毎年豊作気分です。
絵本ではないけど、私のおすすめは「はなはなみんみ物語」シリーズ。小学生の頃、何度となく読み、数年前ついに手に入れてしまいました。また読み返そうかな~

Posted by: ゆずしちみ | March 02, 2007 at 12:00 AM

『はなはなみんみ物語』タイトルだけ聞くとファンタジーに感じられないけど、ファンタジーなんですね。しかも珍しい日本のファンタジー。今度機会があったら読んでみます。

 この話以外にもアイルランドの民話はファンタスティックなものが多くて面白いですよ。

Posted by: ぴぐもん | March 03, 2007 at 10:44 PM

I think that is one of the such a lot significant information for me. And i'm happy studying your article. However should statement on some general issues, The website taste is perfect, the articles is actually nice : D. Excellent process, cheers

Posted by: patriotic tshirts | October 04, 2015 at 05:33 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90036/14093413

Listed below are links to weblogs that reference グリーシ~ケルトの幻想的ロマンス:

« おスだんなと、おスおくさん~ばか者を愛するイギリスの伝統 | Main | ロバのおうじ~エゴイズムの皮 »