« ブレーメンのおんがくたい~高齢化社会のテキスト | Main | せかいいちおいしいスープ~気持ちいい騙され方 »

February 01, 2007

エドガー・アラン・クロウ~役に立つ喜び

 ターシャ・テューダー・クラッシックシリーズの中の1冊です。

 主役のカラスはその名もエドガー・アラン・クロウ。カラスのくせして生意気にもミドルネームがあるんですね。かのミステリーの大御所エドガー・アラン・ポーを連想させますが、こちらはミステリアスでも怖くもなくむしろちょっとズッコケた愛すべきカラスです。

 カラスの兄弟の一番末っ子に生まれたエドガー・アラン・クロウは、ある日人間の子どもに拾われて(巣から盗まれて)人間の家で飼われることになります。そこには4人の子どもの他にペット達がいっぱいの大所帯。一番後輩の彼はなんとかみんなの役に立とうとあれやこれやと手を打つのですが、やったことはすべて裏目にでてしまいます。たまたま近くにいた虫を食べたところ「虫を食べてくれた」と誉められ自分が役に立つことをひとつ発見できたエドガー・アラン・クロウでした。

 実際動物がどのように考えているのかはわかりませんが、小さな子どももおとうさんやおかあさんの役に立ちたいと願っているんです。でも お手伝い をしたはずが いたずら に受けとられてしまい、あれこれ繰り返すうちに お手伝い と いたずら の違いを体感していくんですね。

 私は野鳥を見るのはとても好きなんですが、家で鳥を飼おうとは思わないんです。特にカラスは怖いですから・・・ただこの絵本を見ているとエドガー・アラン・クロウはなんとも可愛らしいです。

|

« ブレーメンのおんがくたい~高齢化社会のテキスト | Main | せかいいちおいしいスープ~気持ちいい騙され方 »

Comments

ぴぐもんさん、こんばんは。
この話しをきいて、ターシャさんが鶏のチカホミニーを抱いてティータイムを楽しみ、しかもターシャさんのティーカップで紅茶を飲ませたりしていた場面を思い出しました。
彼女にかかったら、なんでも絵になります。
エドガー・アラン・クロウですか・・・
名前もすてき!

Posted by: noel | February 01, 2007 at 09:19 PM

noelさん、こんばんわ
 鶏に紅茶ですか?!興奮しちゃいそうですが・・・多分大丈夫なんでしょうね(笑)

 以前紹介した「ホワイトグース」と違ってほのぼの系でなごめる絵本でした。

 

Posted by: ぴぐもん | February 03, 2007 at 11:14 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90036/13742936

Listed below are links to weblogs that reference エドガー・アラン・クロウ~役に立つ喜び:

« ブレーメンのおんがくたい~高齢化社会のテキスト | Main | せかいいちおいしいスープ~気持ちいい騙され方 »