« December 2006 | Main | February 2007 »

January 11, 2007

ブレーメンのおんがくたい~高齢化社会のテキスト

 グリム童話のこのお話は一見単純な勧善懲悪にみえるけど、おとなになって読んでみるといったいどこが勧善なんだ!という気分になる。というかロバ、イヌ、ネコ、ニワトリの4匹は他人を脅かし勝手に家に侵入しのっとったわけだから、現代の日本の法律に照らし合わせると少なくとも不法侵入罪、恐喝罪、横領罪の3つは適用される。これはヘンゼルとグレーテル同様悪い人には何やってもいいという考えが見え隠れして愉快じゃない。

 それからもうひとつ。人生80年として折り返し地点を曲がった世代になると、また別の寂寥感が滲んでみえる。おそらく60代、70代と年を重ねるに従って感じ方も変わってくるんじゃないだろうか。この本を幼稚園で読み聞かせした後、老人ホームで読み聞かせして反応の違いを探ってみるのも面白いかもしれない。

 日本は経済社会だから何といっても金稼ぐやつが強い。そんなに稼げなくても働き手としての価値があるうちはなんとか生き長らえていけるが、働けないものには現実は厳しい。4匹の動物達もそれぞれ年を取って働けなくなったおじいちゃん、おばあちゃんってわけだ。

 役に立たなくなったものは処分される運命。ただ殺されるのを待っているんだったら何処かへ逃げようとするおじいちゃん、おばあちゃん達の勇気と決断力には頭がさがる。「息子が言うことを聞いてくれない。嫁の仕打ちが冷たい」と愚痴をこぼすしてばかりいる年寄りにじゃなく、自分の生活を築いていける年寄りになりたいと思う。ただ、その時になってみないとわからない事だろうけど。

 とても不思議なのはタイトルが『ブレーメンのおんがくたい』なのに動物達はブレーメンまで到達していなく、音楽隊にも入らない。ブレーメンに行って音楽隊に入ろうという目標はどこからきたんだろうか?もしかしたらおじいちゃん達が六本木へ行ってIT企業を立ち上げようというくらい突拍子もない思いつきなのかもしれない。突拍子もない夢にしかすがれない現実はある意味悲しいけど、突拍子もない夢を原動力にしてでも動き出すことは素晴らしい。

 今回紹介する絵本は瀬田貞二さんのべらんめえ調の日本語が渋い味出している。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

January 03, 2007

謹賀新年

謹賀新年

 あけましておめでとうございます。今年もマイペースでちょびちょび更新するつもりですので何分よろしくお願いします。

 さて、いろんな方のブログを覗いてみると、一年を漢字一文字に例えているのが目につきました。私の場合2006年を漢字一文字で表すと「」になるでしょうか。ホントに手探り状態でただただいろんなものを探り集めていたように思います。

 そこで2007年は「」の年にできたらと思います。手繰り寄せたものを手に取り、眺めて考察していきたいです。

 本年もどうぞご贔屓に!

| | Comments (6) | TrackBack (0)

« December 2006 | Main | February 2007 »