« Gaspard et Lisa au Japon | Main | 手ぶくろを買いに~出会いの大切さ »

November 26, 2006

怪盗クロネコ団のあまい罠

 以前紹介した 怪盗クロネコ団あらわる の続編です。前作で失業中だったオサムさんは本屋の店員として仕事に就いてますが、本屋は暇なので相変わらず忙しい奥さんに代わって家事をこないています。オサムさんの目下のたのしみは かもめ印のケチャップ についているクーポン券を集めて 四葉のクローバーの種セット を貰うこと。あと3枚集まると四葉のクローバーが貰えるのです。

 そんなある日 手前右はしのアップルパイに限りクーポン券3枚プレゼント なんていう可笑しなチラシにだまされてオサムさん近所のコンビにへアップルパイを買いに行きます。アップルパイを買ったところで勿論ケチャップのクーポン券なんてついてきません。しぶしぶ家に帰ったオサムさん、招かれざる客がやってきます。ひとり(?)はクロネコ団のくろ猫。もう一組はなにやら怪しい二人組。ひとりはスキンヘッドの大男、もう一人は白いスーツにサングラスをかけた、いかにもその筋の人たち。

 オサムさんが行ったコンビニは実は人目を欺く闇取引の現場でオサムさんの食べた 最前列右はしのアップルパイ の中に ビーナスのダイヤ が入っていたとか・・・アップルパイを食べてしまったオサムさん、悪い組織に拉致されてしまいます。さあ、上手く逃げ出すことができるのでしょうか。

 今回キーワードになる ビーナスのダイヤ にまつわる 黄金のりんごの木の伝説。 悪者の語る話とクロネコ団のくろ猫が語る話、それからコンビ二の女の子が語る話、それぞれ少しずつ異なるのです。伝説というのは伝言ゲームみたいに話されていくはしから変わっていくものなんだとくろ猫は言います。このくろ猫は前作で出てきた ミスタ・クロネコ とは違うようですが、なんか「セロ弾きのゴーシュ」に出てくるネコみたいでことば巧みで抜け目なく、ちょっとカンに触るなかなか味のあるキャラクターです。

 最後にクロネコ団は目当てのものを手に入れたようなんですが、オサムさん今回もいいように利用されただけで
終わってしまいました。前作で気になったメイドさんの謎は解けませんでした。本編でも ビーナスのダイヤがどのようにクロネコ団の手に渡ったのかはオサムさんの推測でしか書かれていないので、ちょっとその辺がすっきりしない。とにかくオサムさんよりクロネコ団のほうが一枚も二枚も上手といいことだけは確かなようです。

 出版された当初はこの続きが刊行される予定だったようですが、未だ刊行されてません。続きがあれば是非読みたいので、岡田さん、オサムさんのその後書いてくれませんか?

|

« Gaspard et Lisa au Japon | Main | 手ぶくろを買いに~出会いの大切さ »

Comments

気になりますよね、続きが。魚のおなかの中に入って、そこから脱出する場面が結構うまく考えてあると思いました。こちらのアマゾンリンクを見ると古本は結構お買い得ですね。買いたくなってしまいます。悩むところです。
三作目がありそうな感じで「以下続刊」のように書いてあった気がしますが、本当に続きがあれば読みたいと思います。あれからオサムさん夫妻の生活は変化したのか、クロネコ団は何をしているのか。岡田さんの中には構想ありそうです。

Posted by: kmy | November 30, 2006 at 06:31 PM

「以下続刊」って確かに書いてありました。でも、岡田さんはうさぎの宇宙人の話に忙しくってクロネコ団に手が回らないのかもしれません。潜水艦(魚)のワッペンはオサムさんが剥がすであろうことを前提にクロネコ団が渡したような気がします。チラシもオサムさんの思考や行動パターンを熟知して忍ばせてる気がします。やるなあ、クロネコ団。

Posted by: ぴぐもん | November 30, 2006 at 09:38 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90036/12830247

Listed below are links to weblogs that reference 怪盗クロネコ団のあまい罠:

« Gaspard et Lisa au Japon | Main | 手ぶくろを買いに~出会いの大切さ »