« うんちっち~あまのじゃくとのつき合い方 | Main | こんにちは おてがみです »

July 23, 2006

ハウルの動く城~ひたむきさは人を動かす

 映画は今回はじめてみたが、音楽はかねがねいいなあと思っていた。音楽もいいけど、背景の街並、ヨーロッパのどこかの街を感じさせるが、どこでもないような色彩、有り得ない型の戦闘機などの画も素敵だった。

  ジブリ映画の吹き替えは声優さんより俳優さんたちが多いせいか、他のアニメとどこか雰囲気が異なる。今回木村拓哉の声が以外によかった。木村拓哉って確かに顔はいいと思うけど、正直声はいいとは思わなかった。声というかキムタクのしゃべり方を聞いてると・・・ちょっとムカつく。でも、ハウルの声はよかった。あと、すごく印象に残ったのは加藤治子。貫禄があり品格もあり、声だけの演技だったけどじゅうぶん素敵だった。

 他のジブリ作品のヒロイン達、千尋やキキやもののけ姫同様、ソフィーもまたひたむきで自分のやるべきことを一所懸命やる。周りにいる者たちはほだされ、同調して行く。大きな感動はないが、ちいさく感動する。視聴者もまたソフィーにほだされたのかもしれない。

|

« うんちっち~あまのじゃくとのつき合い方 | Main | こんにちは おてがみです »

Comments

ぴぐもんさん、こんばんは。
ジブリの映画にでてくる女性って、一貫して像がありますね。
宮崎さんの女性像なのでしょうか。
同性のわたしが見ても、素敵だなと思いますよ。勇敢で。
はてさて、宮崎Jr.の「ゲド戦記」は、どうなんでしょうか・・・ねぇ?

Posted by: noel | July 25, 2006 at 11:08 PM

noelさん、こんばんわ
 ジブリ映画にでてくる女性、どちらかといえば地味で日々の務めをこつこつこなす。でもいざという時は勇敢。魅力ありますね。
 ところで宮崎吾郎さんって、やっぱり駿さんの息子さんだったんですね。「ゲド戦記」自体は世界三大ファンタジーに挙げられているくらいだから、まあそれなりに面白いんじゃないでしょうか。なんていって私読んだことないんですけど・・・おそらくまたDVDで見るようになると思いますので、それまでに読んでおきます。

Posted by: ぴぐもん | July 29, 2006 at 12:38 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90036/11068249

Listed below are links to weblogs that reference ハウルの動く城~ひたむきさは人を動かす:

« うんちっち~あまのじゃくとのつき合い方 | Main | こんにちは おてがみです »