« April 2006 | Main | June 2006 »

May 23, 2006

ハリー・ポッターと謎のプリンス

  週末を利用して一気に読みました。4話、5話と引きずってきた緊張感が本書の前半ではあまり感じられなかった・・・というかそれに読者が慣れてきていたのかもしれない。ただ、終盤はこのシリーズ中最もキツイ暗さがある。

 原書を読んでから翻訳を読むとどうしても気になってしまうのが登場人物のことば遣い。スネイプの我輩やヴォルデモードの俺様は長年読んでるから慣れてはきたが、最初違和感を感じた。特にヴォルデモードの俺様は海賊や山賊の親分みたいで「闇の帝王」の風格にはそむわない。ルナの「・・・だもン」っていうしゃべり方もなんか軽い。彼女は天然キャラだけどどこかシャープなところがあって、それがちょっと伝わってこない。トンクスの男ことばなんかはドンぴしゃり!

 本書ではハーマイオニーが気のせいか少々女っぽい感じがした。恋の病にかかって気が弱くなっているのか?私は女性活動家みたいな勇ましいハーマイオニーが好きなんだけど・・・前作でハリーを旗印に立ててDAをプロデュースしたり、弱みを握った女性記者に魔法省と対立する記事を書かせたりと大活躍したが、今回は策士ハーマイオニーの影は薄かった。

 日本語で読むと、ことばがより明瞭になってしまうため、(英語で読むとどうしても意味がクリアに理解しきれずぼんやりとしている)物語の暗い部分が突き刺さるように感じられる。湖のシーンは胃液が逆流しそうなほど強烈だった。これまでで一番キツイ。ヴォルデモードの憎憎しさも増した。父親は顔がいいだけの小市民だし、母親も身勝手なところはあるものの最後は魔法で縛り付けた夫を解放するやさしさも持ち合わせている。ただリリーやウィズリー夫人のような母親としての強さは持ち合わせていなかった。そんな、どちらかと言えばおとなし目の両親からなんであんな強烈な息子が出来るのか非常に不思議だ。

 最終話は、おそらくハリーがヴォルデモードをやっつけて終わりになるのだろうけど、どういうふうにやっつけるのか大変見ものだ。しかもハリーや仲間達が無傷で終わるとも思えない。これまで以上の痛手を負いながらのすっきりしないハッピー・エンドに終わるんじゃないかな。


 

| | Comments (7) | TrackBack (4)

May 01, 2006

ハリ・ポタ成分分析

 古びた森小屋の綾里未優さんがハリ・ポタ成分分析なるものをやっていたので、私も真似してやってみました。詳しくはこちら http://seibun.nosv.org/maker.php/maison/

   ぴぐもんの71%はダンさんの素敵な絵で出来ています
   ぴぐもんの27%はヴィーラで出来ています
   ぴぐもんの8%はネビル・ロングボトムで出来ています
   ぴぐもんの2%はジョージ・ウィズリーで出来ています
   ぴぐもんの2%はフレッド・ウィズリーで出来ています

 思わず笑っちゃいました。ちょっといいかも。全体的におちゃらけてますね。フレッドとジョージにネビルまで加わって・・・しかもダンさんの絵とヴィーラなんてきれい系も入ってて感激。

 ちなみに本名でやってみたら・・・
   71%は賢者の石
   14%はリーマス・ルーピン
   7%はジニー・ウィズリー
   7%ははーマイオニー・グレンジャー
   1%はシリウス・ブラック

 本名のほうが何か知的ですね。シリウス・ブラックっていうスパイスも効いていて。全然関係ないんだけど、私の本名はハリ・ポタの翻訳者の名前とにているんですよ。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

« April 2006 | Main | June 2006 »