« ハンドルネームの由来バトン | Main | あらしのよるにシリーズ »

April 08, 2006

しらゆき べにばら

 グリム童話なんですが、かの有名な「白雪姫」とは違います。もうひとつ別に「雪白姫」というのもあるみたいです。グリム童話はタイトルだけでも似たようなものが沢山あって紛らわしいですね。

 あるところに未亡人と二人の娘が暮らしていました。庭には大きなバラの木が2本、白バラと紅バラが生えてました。娘たちもそのバラのように愛らしくしらゆきべにばらと呼ばれてました。べにばらはいつも元気で野原を駆け回り、しらゆきはおかあさんの仕事を手伝ったり、本を読むのが好きなおとなしい子でした。

 ある雪の夜、1匹のクマが凍えそうなので暖まらせてほしいとやってきました。最初は怖がっとていた二人も次第にクマと仲良くなりました。クマは冬の間毎晩遊びにやってきました。やがて春になるとクマは別れをつげ、どこかへ行ってしまいました。

 ある日長い髭を木にはさまれた小人に出会います。なかなか髭が抜けなくて困っていたので、二人は持っていたはさみで小人の髭をちょん切ります。小人は助けてもらったのに、髭を切られたことをカンカンに怒ります。

 また別の日、つりをしていた小人は釣り糸が髭に引っかかってしまいました。なおかつ餌に大きな魚が喰らいついて魚に海へ引きずりこまれそうです。しらゆきべにばらは持っていたはさみで小人の髭を切り、魚を放してやります。小人はまた髭が切られたことを怒ります。

 次に小人に出会ったとき、小人は大きな鳥に捕らえられ連れて行かれるところでした。二人は小人の体を引っ張って鳥から離して助けてあげました。今度は小人は服が破れたと行って怒ります。

 最後に小人と出会った時、小人は宝石を広げていました。するとどこからかクマが現れました。小人はクマに宝石はみんな返すから助けてくれ、自分を食べないでしらゆきべにばらを食べてくれと言います。ところがクマは小人を突き飛ばし、小人は死んでしまいます。すると小人の魔法はとけ、クマは元の王子の姿に戻りました。

 ストーリーはグリム童話にしては教訓めいたものもなく、残忍性もそれほど感じません。それだからあまり有名にならなかったのかもしれません。図書館で偶然この本を手にして絵の魅力に惹かれてしまいました。デッサンのような白と黒だけの絵にピンク(ばら色といったほうがいいんでしょうか)を合わせた素朴なタッチの絵です。二人の女の子の表情もとても愛らしいです。

 

 

|

« ハンドルネームの由来バトン | Main | あらしのよるにシリーズ »

Comments

グリムのこのお話はタイトルが一番、という気がします。グリムは絵本ではあまり読んだことがないのですが、タイトルは印象的ですが(うちの本は『雪白薔薇紅(ゆきじろばらあか)』、中身はクマが出てきたことくらいしか思い出せませんでした。
すっかり忘れているので、もう一度読んでみようと思っています。絵本で見たほうがビジュアルとしてよいお話かもしれませんね。

Posted by: kmy | April 13, 2006 at 02:17 PM

グリムのお話は、骨格がしっかりしているので、挿絵がなくても、充分にイメージできるし、その方が混沌とした広がりを感じますが、この「しらゆき べにばら」は、バーバラ・クーニーさんの絵がとても素敵だと思います。
そして、母親として、こんな娘たちとの生活は さぞかし楽しいだろうなっていう幸せを感じるお話なんですが、ここにお父さんがいないのに違和感がないのが、とても不思議でもあるんですよね。

Posted by: noel | April 14, 2006 at 09:48 PM

kmyさん
 子どもの頃「雪白姫と薔薇赤姫」というタイトルのグリム童話を読んだ記憶があります。はっきり覚えていないのですが、多分この話だったと思います。
 かの有名な白雪姫と区別するために敢て雪白としたんでしょうが、日本語としては‘しらゆき’のほうがしっくりくるように思えます。グリムのお話は似た内容、似たタイトルがたくさんあってわからなくなりそうです。私もこの絵本と出会わなければ忘れてしまっていた話のひとつです。

noelさん
 言われてみれば、お父さんがいないことがあたりまえみたいに書かれてますね。それとおかあさんがクマをすんなり家の中に通すのもなんだか不思議です。
 

Posted by: ぴぐもん | April 17, 2006 at 11:12 PM

そうですね。でも、心細くなる雪の日にクマをむかえ、毎晩そのクマが娘たちの相手をしてあそんでくれる。
未亡人の母親としては、心強くも ありがたい事だったのでしょうね。
それが、まさか魔法のかかった王子様だったなんて。
拒絶せず、すんなりと受け入れた 「素直なやさしさ」が、この物語の鍵なんでしょうか。

Posted by: noel | April 18, 2006 at 08:16 PM

「素直なやさしさ」ですか。なるほど。
そういえば しらゆき と べにばら も気難しい小人がどういう態度に出ようと常にやさしく親切でしたね。

Posted by: ぴぐもん | April 22, 2006 at 11:41 PM

My brother recommended I would possibly like this website. He was entirely right. This post truly made my day. You cann't imagine just how so much time I had spent for this information! Thanks!

Posted by: moda femenina | July 28, 2014 at 12:05 AM

Paragraph writing is also a excitement, if you be familiar with then you can write otherwise it is complicated to write.

Posted by: geek | August 09, 2014 at 08:17 AM

There's certainly a great deal to know about this topic. I like all the points you have made.

Posted by: whatsapp | September 01, 2014 at 08:56 PM

I am really delighted to read this webpage posts which contains lots of valuable data, thanks for providing these information.

Posted by: apk | September 16, 2014 at 09:29 PM

Hello! This is kind of off topic but I need some help from an established blog. Is it very difficult to set up your own blog? I'm not very techincal but I can figure things out pretty quick. I'm thinking about setting up my own but I'm not sure where to start. Do you have any tips or suggestions? Appreciate it

Posted by: Crime City hack | November 19, 2014 at 12:11 PM

It took an honest man to face up to the realities of an irrevocable break with Great Britain--to undertake the dangers and hardships of creating a new nation against armed might. For every wildly successful campaign or business initiative there is a creative artist behind the scenes helping put the oomph into the winning concept and the message. DT is one of the few bands around in which the singer takes a backseat, but through no fault of James La - Brie, who is a bit of a victim of the band's success.

Posted by: brave frontier gem hack | January 23, 2015 at 12:16 PM

I was curious if you ever thought of changing the layout of your site? Its very well written; I love what youve got to say. But maybe you could a little more in the way of content so people could connect with it better. Youve got an awful lot of text for only having 1 or two pictures. Maybe you could space it out better?

Posted by: match.com | April 05, 2015 at 06:09 PM

Hi! I know this is kinda off topic but I was wondering if you knew where I could locate a captcha plugin for my comment form? I'm using the same blog platform as yours and I'm having difficulty finding one? Thanks a lot!

Posted by: Gia | May 25, 2015 at 07:42 PM

Hurrah, that's what I was seeking for, what a material! existing here at this website, thanks admin of this web page.

Posted by: spider-man unlimited cheats | June 03, 2015 at 12:46 PM

There is definately a great deal to find out about this issue. I really like all the points you've made.

Posted by: brave frontier hack apk | June 06, 2015 at 04:05 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90036/9494850

Listed below are links to weblogs that reference しらゆき べにばら:

« ハンドルネームの由来バトン | Main | あらしのよるにシリーズ »