« January 2006 | Main | March 2006 »

February 26, 2006

ポテト・スープが大好きな猫~いっしょにいるだけの幸せ

 人類の最大のパートナー、イヌとネコ。たいていの人はイヌ派かネコ派のどちらかに分けられるみたいだけど、私は俄然ネコ派です。イヌと人間は主従関係、ネコとは親子関係なんだそうです。イヌ派の人に言わせるとイヌは忠実であるが故可愛いらしいのですが、ネコ派からみるとネコは人間なんかにお構いなく、自分がその時やりたいように過ごす悠然としたところがなんとも魅力なんですよ。私自身もどちらかといえば性格はネコのほうだけど、人間でもイヌ的な人よりもネコ的な人に魅力を感じてしまいます。

 おじいさんはペットの雌猫と暮らしています。毎朝おじいさんが釣りに行くとき猫もお供してボートの舳先にすわり、おじいさんを見守ります。おじいさんは口癖のように「おまえはなにもしない。ネズミ一匹採らない」と猫に言います。でも、それは決して猫を責めてるわけじゃありません。猫はほんとうに何もしません。ネズミを捕らないけど、おじいさんの作ってくれるポテト・スープは大好物です。そんななにもしない猫とおじいさんの静かな毎日が静かに流れます。

 そんなある日、いつものように釣りに行こうとしたら猫が起きてきません。起こすのもかわいそうに思ったおじいさんは一人で出かけます。さて、猫は目が覚めるとおじいさんは既にでかけてしまった後。気を悪くした猫はふっと外に出て行きます。そして、おじいさんの猫のいない日々が続くのですが・・・

 「星の王子さま」に出てくる王子さまとのエピソードを思い起こさせる物語です。は高慢ちきでわがままで、それこそ王子さまのためになんか何もしてくれません。それでも王子さまはのために水をあげたり、ガラスの覆いを被せてあげたり至れりつくせり。王子さまにとってが何かをしてくれるからでも、特別きれいだからでも、性格がいいからでもなく、ただそのが存在していることがうれしいんです。

 このお話のおじいさんも、猫が存在するだけで平安な気持ちになれたのです。いっしょにいるだけの幸せ。親子でも恋人でも友達でも、ほんとうはそれが基本なんだけど、いつしか大事な基本を忘れてしまいがちです。

 この絵本、現在Amazonの絵本部門売り上げNo.1だそうです。要因のひとつは翻訳の村上春樹さんの文章にあるようです。おじいさんの淡々とした口調や物腰とハルキ節が見事にマッチ。ハルキ・ファン必読の一冊です。
 それから、いっしょうけんめいがんばって大きな魚を採ってきた猫が、採ってきた獲物を「おじいさんなんかにあげないわよ」とひとり占めするところなんか、なんとも猫らしくていいですね。


 

| | Comments (5) | TrackBack (0)

February 19, 2006

【尋ね本:2】サルが人間になっちゃう話

 何年か前、読み聞かせの講習に行って講師の先生に紹介していただいた絵本が大変面白かったのですが、タイトルも作者の出版社もわからなくて・・・・大きな本屋さんに行くたびに探しては見るのですが、なかなか出会えません。どなたか心当たりのある方、タイトルでも作者でもわかったら是非教えてください。ストーリはだいたい次の通りです。

 ボクの家ではサルをペットに飼うことになった。ところがこのサルがとてもおりこうで教えたことは何でもおぼえてしまう。しまいにはことばを喋れるようになり、だんだん姿形も人間になっていった。結局ボクの弟として暮らすことに・・・ある夜ボクは両親の会話を盗み聞いてしまった。
 「不思議なことがあるもんだ。しかも一度ならず二度までも・・・」

 最後のオチがなんとも不思議な余韻を残す話でした。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

February 07, 2006

てぶくろ~おうちごっこの楽しみ

  おままごとという遊びは誰でも一度くらいは経験していることでしょう。私も子どもの頃よくやった遊びです。ただ私達の間ではおままごとではなく、おかあさんごっこと呼んでいました。遊び方は子ども達それぞれが家族の誰かの役をやって遊ぶ、誰でも知ってるあのパターンです。遊ぶ人数が増えてくるとおかあさんごっこの発展形としておとなりさんごっこという遊びに変わります。世帯数が増えただけで、1軒分の遊びより近所づきあいが加わり、おかあさん同士、子ども同士の交流が楽しめます。
 
 私達の遊びの特徴は見事なまでの女系社会。遊んでいる子は全員女の子。おかあさん、おねえさん、いもうと、あかちゃん、時にはお手伝いさんという配役が割り振られ、誰もおとうさんとか男の子の役をやりません。近所に男の子がいない訳でもないのに、男の子が加わってお父さん役をやったという経験はなかったですね。そして、設定上完全な母子家庭ではなく、おとうさんは仕事で外国へ行ってる・・・とまるでリカちゃんの家庭のような肩書きをつけたのでした。

 時にはおかあさんごっこおうちごっこと呼ぶ事がありました。結局どちらも同じ遊びなのですが、おうちの実体がある場合おうちごっこと呼ぶ傾向にありました。ダンボール箱とかジャングルジム、汽車ぽっぽ公園の汽車の中など。家で遊ぶ時は勉強机の下やおかあさんの足踏みミシンの下がそのままおうちになったりしました。子どもって狭い空間にひしめき合って入るのが好きですよね。

 でも、狭い空間にひしめき合うのが好きなのは子どもばかりじゃないようです。キャンプ場のテントやバンガローも一種のおうちごっこじゃないかな?現実の家を離れてコンパクトで簡素なおうちでおとなも子どもも一緒になって遊んでいる気がします。雪国のかまくらとか公園や大邸宅の庭にあるあずまやも一種のおうちだと思います。

 この絵本の中の動物達も、なんとも楽しそうにてぶくろおうちごっこしているじゃありませんか。現実にネズミやウサギがキツネやオオカミと同じおうちに入るなんてありえませんよね。物語の世界だからこそ、それはありなんでしょう。この話の最初と最後におじいさんとイヌが出てくるんですが、彼らの絵は出てきません。おそらく、おじいさんとイヌはこちらの世界のものなので、あちらの世界(物語の世界)では姿がみえないんでしょう。きっとおじいさん、こちらの世界とあちらの世界の境界線にてぶくろを落としちゃったんでしょうね。

  この動物達はウクライナの民族衣装とおぼしきものを着込んで出てくるのですが、それがまた暖かそうでしかもお洒落!雪が降っているため空の色はグレー。どんよりした背景に動物達の鮮やかな衣装のコントラストがとても素敵です。


| | Comments (2) | TrackBack (0)

February 05, 2006

リサのおうち~行ってみたいな、リサのいえ

 maison_de_lisa
最近某パン会社のCMに二人揃って登場してくれているガスパールとリサ。本編はそのシリーズ2作目です。私の知っている限り、現在19作までフランス語で出版されています。日本語版はまだ出版されていないものもありますが、ほとんどのものが出てきました。1作目の“Gaspard a Venise” (ガスパール、ベニスへ行く)と3作目の“Lisa prend l'avion”(リサ、ひこうきにのる)、そして本編はまだガスパールとリサそれぞれが単独で登場します。4作目の“Gaspard et Lisa au Musee”(リサとガスパールのはくぶつかん)で初めてふたり一緒に登場します。

 ガスパールもリサも旅行が大好きなせいか、全シリーズの約半分は旅先の話。残り半分はパリが舞台になるのですが、リサの家は度々でてきます。パリに行った事のある人じゃなくても、パリの旅行ガイドを見たことのある人なら、表紙の絵を見ただけでそれがポンピドゥー・センターの絵だとわかります。そうなのです、リサの家はポンピドゥー・センターの中の青い大きなチューブの中にあるのです。もちろん、誰にもないしょで・・・

 チューブの中なのでところどころ丸みを帯びた造りになっていて、リビングが家全体の中心に位置し2階までの吹き抜けになっていて、リサたちの部屋やパパとママの寝室がリビングから階段またはスポープでつながっている。キッチンやバスルームはそこからは見えないので、おそらく寝室の下に位置しているんだと思われる。すべてパパの手作りという家財道具は木の温もりを感じさせてくれます。リビングの中央に大きな丸いテーブルや、壁に備え付けられたリサとビクトリアの勉強机。そしてリサの何よりのお気に入りはベッド。トラックの形をしていて屋上に寝れるようになっています。ちょうどロフトベッドみたいな感じです。登る時は脇のはしごで登り、降りる時は滑り台で滑って降りるのです。だから学校へ遅れる事もないんですって。

 今回はちょっぴり恐い目に遭ってしまうリサちゃん。それもこの家ならではの事件なので、読んでお楽しみください。

 最近の作品に比べて初期のシリーズは、ゲオルグさんの絵がなんとなく雑な印象を与えます。多分最初は思いのまま描きたいように描いていたんだと思います。人気が出てきて丁寧に描くようになったのでしょうか。荒いタッチですが今と同じように温かみのある絵で、私はこの本も大好きです。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

« January 2006 | Main | March 2006 »