« le noel du loup(狼のクリスマス・プレゼント) | Main | 夕あかりの国~黄昏ムード漂う絵本 »

December 30, 2005

かさじぞう~寒さが身にしみる話

 年の瀬も迫ると思い出してしまうお話がふたつ。アンデルセンの「マッチ売りの少女」と「かさじぞう」。特にかさじぞうは時代こそ違え、クリスマスも終わったほんとうの年の瀬、正月を目前にした慌しい日本を彷彿させます。

 細木和子氏の占いによると私は土星人。10月から12月は大殺界月であまり上手く事が運ばない月らしいのです。確かに二桁の月って他と比べてあまりハッピーな気分になれません。特に12月。忘年会でバカ騒ぎしたあとの酔いとともに醒めていくあの虚脱感。日本中があたふたあたふた落ち着きがなくなる様。どうも苦手です。何より‘おしまい’というムードが前向きな(?)私には絶えられないものがあります。

 反対に好きな月は1月と4月。同じ寒い季節でも1月には さあ、はじめるぞ!っていうムードが漂っていて、すがすがしい気分になれます。それから4月の新芽のほころぶ季節もいいですね。真新しい制服に身を包んだ中高生や着慣れないスーツをぎこちなく着込んだ新入社員。重そうにランドセルを担ぐぴかぴかの一年生。希望を感じます。

 さて、年の瀬を迎えたのに餅もない・・・というのでおばあさんがせっせと蓑笠を作ります。それを持っておじいさんは町に売りに行くのですが、誰も皆忙しそうで笠なんか見向きもされません。まったく売らなかった蓑笠を担いで家に帰る途中、雪が降ってきました。道端のおじぞうさんたちがなんとも寒そうに思ったおじいさん、ひとつずつ頭に笠を被せてあげました。その夜、ドシンと大きな音がして外へ出てみたおじいさんとおばあさん、そこには山のように積まれたお米だの野菜だの。ふたりはおじぞうさんがくださったと感謝しました。

 特に文章で詳細に書いてある訳じゃないのに、忙しそうに人々が行き交う師走の様子や身が縮むような寒さが伝わってきます。お腹をすかせた ろくに食べてもいないので、おじいさんとおばあさん、床の中でもさぞさぞ寒かった事でしょう。しかも隙間風が差し込むオンボロの家にせんべい布団に包まっただけ。寒さが伝わってくる話です。

 「まんが日本昔話」では一番最後の小さいおじぞうさんに笠が足りなくなって、おじいさんは自分の手ぬぐいを被せてあげます。食料を届けたあと、おじぞうさんたちがドスンドスンと音をたてて雪道を帰っていくのですが、例の小さいおじぞうさんが途中で転んであわててみんなの後を追うシーンがあります。アニメならではの脚色ですがなかなかユーモラスでほほえましく印象に残ってます。
 
 

|

« le noel du loup(狼のクリスマス・プレゼント) | Main | 夕あかりの国~黄昏ムード漂う絵本 »

Comments

こんばんは!
こちらでは、はじめまして。
未優です。
『かさじぞう』の記事、懐かしく拝見させていただきました。
「まんが日本昔話」覚えてます。
うちにそれの絵本があって、手ぬぐいをかぶせてあげるシーンも出ていました^^
それをあげちゃったら、おじいさんが寒いよ。と、小さい時には思っていたような記憶があります。
小さいお地蔵さん、途中で転んじゃうんですか~。そこまでは覚えていなかったけどなんだか微笑ましいですね。

このお話も年の瀬の物語だったのですね。
どんなに貧しくても、ふと目にしたお地蔵さんを思いやる事のできるおじいさん。
そんな心の豊かな人になりたかったです。
ではでは、この辺で失礼させていただきます。

Posted by: 綾里 未優 | January 23, 2006 at 07:26 PM

未優さん
 コメントありがとうございます。
”それをあげちゃったら、おじいさん寒いよ”と感じる未優さんはやさしい人ですね。そんな素直な感覚は忘れないで持っていたいものです。
 この話を読んだり聞いたりすると、自然と日本の乾燥した冬の寒さを感じてしまいます。外国の人が読んでも多分その辺はわからないんだろうと思います。
 反対に「雪の女王」に出てくる北欧の寒さは、行ったことのない者にはとうてい感じ得ることは出来ないのでしょうね。

Posted by: ぴぐもん | January 25, 2006 at 01:03 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90036/7898613

Listed below are links to weblogs that reference かさじぞう~寒さが身にしみる話:

« le noel du loup(狼のクリスマス・プレゼント) | Main | 夕あかりの国~黄昏ムード漂う絵本 »