« Gaspard Et Lisa au Musee | Main | The Twelve Days of Cristmas »

November 27, 2005

したきりすずめ~編集された人間の煩悩

 昔々、怪我をしている1羽のすずめを見つけてたおじいさんは、すずめを家につれて帰り手当てをして、その後もすずめを我が子のように可愛がりました。ところが、ある日おばあさんの作ったのりをすずめが食べてしまい、怒ったおばあさんは、すずめの舌をちょん切って家から追い出してしまいました。心配になったおじいさんはすずめを探しに出かけていって、ようやくすずめのお宿にたどり着きます。すずめから手厚くもてなしを受けたおじいさん、お土産に宝のつづらまで貰って帰ります。その宝に目がくらんだおばあさん、すずめのお宿に行き、もてなしもそこそこにとっとと土産を貰って帰ろうとします。おばあさんが選んだのは勿論大きなつづら。帰る途中の道すがら早く中味を見たくてしょうがないおばあさんは、すずめとの約束も忘れてつづらを開けてしまいます。中から出てきたのは宝ではなく化け物。驚いたおばあさんは足を踏み外して山から落っこちてしまいました。

 以上が私が子どもの頃に読んだ「したきりすずめ」のお話。おとなになってから、この話の隠れた部分を知って驚愕と同時に気持ちが悪くなりました。

 すずめを探しに行ったおじいさん、すずめの住処を道々いろんな人に尋ねるのですが、どの人もみな変な交換条件を付けて教えてくれるのです。本によって異なるのですが、
        ドロで作った団子を食べろ
        牛の洗い汁を飲め
        馬の小便を飲め
        敷き詰めたイラクサの上を裸で転げ回れ・・・
 吐き気を催しそうですね。この他にも すずめがおばさんに便所の蓋に飯を盛って出した。なんて記述もあります。ところが、こういった記述を読んだことでこの話の隠れた謎が目からウロコが落ちるようにわかってしまいました。

 何故、道を尋ねた人達がおじいさんに侮辱的なイジメを行ったか・・・・一見、子どものためにどんな恥ずかしい仕打ちにも絶える健気な親心のようにも取れますが・・・通常、いなくなった我が子を探している親に世間は同情こそしても、バカにするようなことはありません。世間とはまっとうだと思われるものに対しては、さほど手厳しいものではないようです。ところが、まっとうでないもの、何らかの引け目を負ったものには鬼にも蛇にもなりえます。このおじいさんの気持ちの中に引け目を感じるものがあるからこそ、人々はこうした態度で侮辱したのでしょう。

 何故、おばあさんがすずめに対して冷たい仕打ちをしたか・・・・つまり、すずめがつまみ食いをしたのは’のり’ではなく、おじいさんだったからです。つまり、このおじいさん、いい年して若い娘にうつつを抜かした色ボケじじいだったのです。そうやって考えると、すずめのお宿の描写も芸者さんが集まるお座敷を連想させられます。

 色ボケじじいに強欲ばばあ。なんとも煩悩深い夫婦ですね。それにしても教育的配慮を施されえた絵本の世界ではおばあさんひとりが悪者のようで、少々気の毒な気がします。

 


 
 

|

« Gaspard Et Lisa au Musee | Main | The Twelve Days of Cristmas »

Comments

そうだったんですか。
ホントに目から鱗ですね。
そして、ぞくっとします。
でも、読んでみたくなります。

Posted by: noel | November 27, 2005 at 05:47 PM

 あたかも真実のように書いてしまいましたが、実は私の勝手な推測です。渡る世間の反応とおばあさんの反応とで 自分の中で「これしか有り得ない」という気になってしまったのです。
 ただ、「浦島太郎」の竜宮城も実は遊郭だとも言われてますので、まんざらこの考えも間違っていないと思います。
 異論、反論はいつでも受け付けます。

Posted by: ぴぐもん | November 28, 2005 at 08:48 PM

たびたびお邪魔します。
この解釈は、なかなかですね。そうだったのか・・・。おじいさんは偽善者であって、本当はエロじいだったのか・・・。おばあさんはその犠牲者ってとこなんですね。
世の中の悪知恵を身につけた大人が昔話や童話を読み直してみると、大人の解釈で読めて、世の中のことを鋭く指摘していたり、新たな発見があったりして、なかなかおもしろいですね。
倉橋由美子の『大人のための残酷童話』にも、彼女の切り口で童話を怖いほど切り刻んであるし、河合隼雄の『おはなしの知恵』にも、彼らしい解釈が加えられていて、そうだったのか~と感心すると同時に、読まなきゃよかったと思うことも・・・。やっぱり童話は夢の世界のままで残っていてほしい・・・そんな気もします。

Posted by: ka-3 | November 29, 2005 at 12:11 AM

舌切雀にそのような話があるとは少しも知りませんでした。興味を持ったので『日本伝奇伝説大事典』(角川書店、昭和61)から「舌切雀」(川端豊彦項目執筆)を見てみました。

明治になって国定教科書に載って以来、いわゆる標準型の「舌切雀」が一般化しているが、すこしずつ変わった型の話が各地に分布している。宿を尋ねていく途中、牛や馬を洗う人に会って、牛や馬の小便を飲まされたり、牛馬の糞を食べさせられたりしたあげく、宿を尋ねあてる例は、とくに中国地方以西に多い。

のだそうです。興味深いのはこの後です。先の引用部分に続けて、

津軽地方の「尾剪雀」では、川へ洗濯に行った婆が、流れてきた鳥籠を拾って帰り、爺にきれいな娘を拾ってきたと言うと、爺は娘ならこの糊をすらせろと言って、雀に糊をすらせる。雀は腹がへっているので、その糊をみんな食べてしまう。爺は怒ってすりこ木で雀の頭を打ち、尾羽を切って追い出してしまう。(以下、婆が雀を探しに行く)

とありました。通常の爺と婆が逆転しています。ぴぐもんさんの解釈への反例となると思います。
 こう反例は持ちだしたものの、釈然としないところが多い民話に、ぴぐもんさんのように明快かつ魅力的な解釈があたえられることの方が、私の好みです。その点で私も「意味まみれの近代人」(手あかのついた文句だなぁ)なのだと自覚します。

Posted by: Iwademo | November 29, 2005 at 01:22 AM

Iwademaさん
いつもながらIwademoさんの情報量はすごいですね。巷の読書家の枠を越してます。やっぱり研究者ですね。感服します。
 津軽地方のお話は、初めて知りました。面白いですね。民話って「伝言ゲーム」的な要素があるので語り伝えられるうちに様々な形が出来てきて、それはそれで面白いと思います。

 ka-3さん
そうですよね。童話は夢の世界のものであってほしいですね。いつの日か孫が出来たら、素語りでいろんなお話聞かせてあげたいけど、この話はちょっと躊躇しますね。多分、子どものころに読んだ汚い部分がカットされた話をきかせるでしょうね。

Posted by: ぴぐもん | November 30, 2005 at 12:51 PM

 事典をひいただけなので、ほめていただけるのはこそばゆいです。「調べ物のさいに辞書・事典を引いてすむなら研究者はいらない」とある先生から言われたことがあります。今回は、一次資料にあたっていないので、とてもとても。
 最近、ぴぐもんさんのブログにアマゾンのアフェリエイトがついて、いいことだと思います。この「したきりすずめ」には、ついていませんが、民話だとどれを紹介すればいいのかが、やっぱり難しいのでしょうか。

Posted by: Iwademo | November 30, 2005 at 09:08 PM

 そうなんです。これいいな、と思ってチェックしてても出版社とか表紙のデザイン忘れちゃったりして・・・あと、なかなかしっくるくる文章がなかったり。やっぱり嘗て自分で読んだり聞いたりしたものに近い本を選んじゃいますね。「いたきりすずめ」他、民話に関しては、いろいろ見てみていいのがあったら紹介したいと思います。

Posted by: ぴぐもん | November 30, 2005 at 11:49 PM

WOW just what I was looking for. Came here by searching for head soccer hack

Posted by: head soccer hack | June 14, 2015 at 10:24 AM

At this time I am going away to do my breakfast, later than having my breakfast coming again to read other news.

Posted by: Silas | June 17, 2015 at 10:03 PM

Wow, awesome blog layout! How long have you been blogging for? you make blogging look easy. The overall look of your site is magnificent, let alone the content!

Posted by: spiderman unlimited hack | June 18, 2015 at 04:58 AM

This post offers clear idea in support of the new users of blogging, that actually how to do blogging and site-building.

Posted by: brave Frontier hack | July 03, 2015 at 03:52 PM

This web site truly has all of the information and facts I needed about this subject and didn't know who to ask.

Posted by: gt racing 2 hack | July 07, 2015 at 11:25 AM

Hi there! Would you mind if I share your blog with my zynga group? There's a lot of folks that I think would really appreciate your content. Please let me know. Cheers

Posted by: Norine | July 09, 2015 at 02:29 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90036/7343813

Listed below are links to weblogs that reference したきりすずめ~編集された人間の煩悩:

« Gaspard Et Lisa au Musee | Main | The Twelve Days of Cristmas »