« エレン物語~模範的少女の物語 | Main | 大きな森の小さな家~きれいなおかあさんはすきですか? »

October 28, 2005

二十四の瞳~まっちゃんのおべんとう箱

 初めて文庫本を買ったのは小学校5年生か6年生の頃です。ちょうどNHKのドラマで放送されていた「二十四の瞳」(旺文社文庫)を240円で買いました。その当時、子ども向けの本がだいたい500円位でしたから、ちょっと不思議な感じでした。大人の本の方が子どもの本より安く買えるなんて・・・はじめての文庫本を手にして少しおとなになったような気がした瞬間でした。

 この話はたいていの日本人なら知っている、島の分校に赴任した新米のおなご先生と12人の子ども達との交流を描いた、あまりにも有名な話です。その当時の島の子どもたちにとっては、洋服を着て自転車に乗った先生はとっても目新しい存在であったようですが、それ以外は何気ない日常の学校風景が淡々と描かれています。

 これは、子ども達が少し大きくなって本校に通い、再び大石先生のクラスに入った頃の事。その頃、女の子達の間でアルマイト(アルミニウム)のお弁当箱が流行りました。百合の花や菊の花が描いてあるアルミの弁当箱がトレンドだったようです。女の子って昔から小物に凝ったんですね。そんな同級生の弁当箱を羨ましそうに眺めながら、まっちゃんは自分の柳行李の弁当箱を隠すようにして昼食を食べます。まっちゃんの家は貧しくてそれどころじゃなかったのです。

 そんな折、まっちゃんは奉公に出される事になります。わずか11歳でもう働かされるのです。いつの時代も何処の国でも貧乏な家に生まれついた子は、その分苦労を強いられます。奉公に行くまっちゃんに大石先生は百合の花の弁当箱を贈ります。もう学校へ行く事もない、もう必要もない弁当箱を・・・・

 20年後の同窓会、まっちゃんは先生にいただいた百合の花の弁当箱を持ってきました。おそらく一度も使わなかったであろうあの弁当箱を・・・

 大石先生と子ども達とのエピソードはもっといろいろあるんですが、まっちゃんの話は最も印象に残るエピソードです。

 

|

« エレン物語~模範的少女の物語 | Main | 大きな森の小さな家~きれいなおかあさんはすきですか? »

Comments

よい話が目白押しの『二十四の瞳』ですが、アルマイトの弁当箱とは目の付けどころが渋い。小学四年か五年のころに読んだと思うのですが、アルマイトとは何かわからず母に聞いたお覚えがあります。今では、柳行李の弁当箱の方が格好よいのでしょうが、時代ですね。

Posted by: Iwademo | October 30, 2005 at 11:36 PM

 いつもコメント有難うございます。こういうところに目が行くのは、私がかつて女の子だったからなんでしょうね。私も割と貧乏な家庭に育ったのでまっちゃんの気持ちがわかるんですよ。女というのは昔も今も‘カタチ’にこだわる愚かな生きものだから、多分こういったエピソードにピピっとくる女の人多いと思いますよ。逆に男の人はどういうエピソードが印象に残るか興味ありますね。

Posted by: ぴぐもん | November 03, 2005 at 05:07 PM

 ちょっと田舎に帰っておりましてお返事遅くなりました。
 私が『二十四の瞳』で印象に残っているエピソードは二つです。なにせ、むかし読んだきりなので間違ったことを書いてはいけないと、念のために読み直しました。いちおう、記憶している通りでした。
 さて、一つめは、仁太が落第してしまうことです。現行の学制では、小学生が病欠以外で留年することはないので、印象に残っています。教壇に立っていた頃に、教えている生徒が留年問題でやきもきしたことがあって、いま読み返してみると大石先生の気持ちがよくわかります。
 二つめは、磯吉の失明です。生徒のうち戦死した人もいるのですが、障碍が身近に見て取れるという点で、戦死よりも強い印象をうけていました。読み返してみると、失明も戦死も悲惨ですね。戦後、二度と教え子を戦争に送らないようにという活動がなされたこともよく腑に落ちました。
 けっきょく、男だから印象に残っているエピソードというよりは、子どもだから印象に残っているエピソードと思うのですが、男の子って女の子よりポヤーンと少年時代を過ごしている気がします。

Posted by: Iwademo | November 11, 2005 at 10:56 PM

 確かにテーマとしては、失明や戦死のほうが重いですね。戦争っていうのはこの本の中でかなりウェイトの高いテーマだと思います。
 ただ、人間というのはオトボケたもので、年月を重ねると重要なことよりも取るに足りないちっちゃなエピソードが妙に心に引っかかったりするものなんですね。
 現実的な考え方をする人ならば、教え子が奉公に行くと聞けば奉公先で役立つようなものを贈るでしょう。つまり足しになるもの。ところがこの先生はなんの足しにもならないお弁当箱を贈るんですよ。でもそれは、まっちゃんがその時一番欲しかったもの。子どもにとっては実用性より大事なものがある。けれど、おとなになると実利優先な考え方になってしまう。
 大石先生のそういったセンスのよさ、素敵だなと思います。
 

Posted by: ぴぐもん | November 21, 2005 at 11:12 PM

はじめまして、私も「二十四の瞳」に感動したひとりです。

 小豆島へはまだ行ったことがありません~いつか行ってみたい場所ですね~!

 私も拙いブログで「二十四の瞳」について記事にしました~よかったら遊びにいらして下さいね~ではまた!

Posted by: ルーシー | August 04, 2006 at 11:28 PM

At this time it appears like Movable Type is the top blogging platform available right now. (from what I've read) Is that what you are using on your blog?

Posted by: http://www.banktonfinancial.com | April 28, 2016 at 09:52 PM

This design is steller! You most certainly know how to keep a reader entertained. Between your wit and your videos, I was almost moved to start my own blog (well, almost...HaHa!) Great job. I really enjoyed what you had to say, and more than that, how you presented it. Too cool!

Posted by: http://m88betwin.com/category/ca-do-euro-2016 | May 06, 2016 at 10:57 PM

Hello Dear, are you actually visiting this site daily, if so afterward you will absolutely get nice know-how.

Posted by: m88 | May 07, 2016 at 02:08 AM

Hi there, just became aware of your blog through Google, and found that it is really informative. I'm gonna watch out for brussels. I will appreciate if you continue this in future. A lot of people will be benefited from your writing. Cheers!

Posted by: Http://Nefrho.Net/__Media__/Js/Netsoltrademark.Php?D=Lorig.Arn.Er.6.6.2.9.3 | May 12, 2016 at 06:08 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90036/6711115

Listed below are links to weblogs that reference 二十四の瞳~まっちゃんのおべんとう箱:

« エレン物語~模範的少女の物語 | Main | 大きな森の小さな家~きれいなおかあさんはすきですか? »