« タンタンのずぼん~○○才以上お断りの絵本? | Main | Harry Potter and Half Blood Prince »

September 25, 2005

ジャックと豆の木~とるにたりない男の成功

 ジャックというのは英語圏では何処にでもいる平凡な名前の代名詞。ちょうど日本語の太郎のような感じです。びっくり箱はJack in box(箱入り太郎)、ハロウィーンのかぼちゃは Jack-o-lantern(ちょうちん太郎)というように擬人的なものにも使われて親しまれてもいます。 
 
 「ジャックと豆の木」にでてくるジャックは、牛一頭と豆5粒を交換してしまうようなバカ者です。年齢がいくつくらいかはっきり書かれていませんが、おかあさんの話し振りからして一人前の大人でないことだけはわかります。ただ、学校へ行っている様子もなく、母ひとり子ひとりの貧しい家庭で暮らしているからには、子どもといえども大人と同じようにしっかり働かなければならなかったはずです。

 「長靴をはいたネコ」や「わらしべ長者」のようにどってことない主人公が成功して金持ちになる話は多々存在します。しかし、「長靴をはいたネコ」の末息子自体はこれという取柄もなかったけど、お付きのネコが才長けていたために出世できました。「わらしべ長者」は困っている人に手を差し伸べたり、相手の要求を満たす事によって結果的に自分の財産が大きくなっていったのです。

 ところが、このジャックは一体どんな取柄があったのでしょう。敢えて言うなら見知らぬ老人の言う事を鵜呑みにするくらい素直であったこと。大男の奥さんが食べ物を食べさせてくれ、なお且つ大男から命を守ってくれた事から察して人に警戒心を与えない憎めない存在であったことはわかります。ただ、ジャックが子どもだと仮定するなら、それらはどんな子どもにも備わった資質なのでジャックの取柄とは言いがたいです。

 私は個人的には主人公が運がいいだけで金持ちになっちゃう話より、頑張った人が報われるような話がすきです。現実の世界でも一所懸命がんばってる人がついてなくて、たいして努力もしないのに運がいいだけで幸せになっちゃう人がいるのは確かです。世の中公平には出来ていないようですね。

 それはそれとして、この話はやっぱり面白い。大事な牛を豆5粒と交換しておかあさんに叱られた翌朝、ジャックは窓の外に天まで届きそうな豆の木を発見します。ただひたすら登っていった先に大男の家がありました。そこでジャックは大男の奥さんから食べ物を分けてもらい、大男から命を救ってもらいます。

 大男の足音がthump! thump! thump! と響くと途端に緊張が走ります。ジャックは奥さんにオーブンに隠してもらい大男が食べ終わって寝るのを待ちます。

"Fee-fi-fo-fum,
I smell the blood of an Englishman,"
    Be he alive, or be he dead
I1ll have his bones to grind my bread."

        「人が喰いたい どの子をとろか
         イギリス野郎のうまそなにおい
         生きてようと 死んでようと 手当たり次第
         骨を粉にすりゃパンになる」
 
 大男のセリフのFee-fi-fo-fumは西洋の人食い鬼の決まり文句だそうです。この時まさに現実のかくれんぼをしていたジャックの恐怖ったらなかったでしょうね。この歌うようなリズミカルなセリフが読者をよりゾクゾクさせる効果を発揮しています。

 大男の寝ている隙に金貨の入った袋を盗み出したジャックは、二度目は金の卵を産むめんどりを手に入れます。
一度目はただの偶然でしたが、二度目は結果を期待して出向いて行きます。三度目はさすがに大男の奥さんも騙せないと悟り、奥さんのいない隙に家に入り込みます。人間一度チャンスを手にすると成長するのでしょうか。ただのお人好のジャックも知恵が働くようになってきました。

 ところが、三度目は思いもよらないことが起こります。ジャックが手にした金のハープが「ご主人様、ご主人様」と大男に訴えかけたのです。その声に大男も目を覚ましジャックを追いかけてきます。さあ大変、豆の木を下へ下へと降りるジャック。上からは大男が迫ってくる。この時読者はすっかりストーリーの中に取り込まれて無意識にジャックを応援しているのです。その臨場感こそ、この物語の一番の魅力ですね。

 自分の家までたどり着いたジャックは斧で豆の木を切り倒し、大男を退治します。そして、金持ちになりいつまでも幸せに暮らしました・・・と終わります。

 運だけで成功を手にする人もいないわけではないけれど、成功する人はやはり何かしら資質を持っているのが原則です。なんてことない人が成功を収める・・・というのは大昔からの人間の原始的願望のひとつなのかもしれません。

 


 

|

« タンタンのずぼん~○○才以上お断りの絵本? | Main | Harry Potter and Half Blood Prince »

Comments

At thos time it seems like Movable Type is the preferred blogging platform available right now. (from whhat I've read) Is that what you're using on your blog?

Posted by: red dress | October 03, 2013 at 06:39 PM

Your mode of explaining the whole thing in this paragraph is in fact pleasant, every onne be able to without difficulty know it, Thanks a lot.

Posted by: bissell carpet cleaner | November 30, 2013 at 04:01 AM

To bissell carpet cleaner

I really surprised that take a comment in English.
And thank you for read my blog.

Posted by: pigmon | November 30, 2013 at 10:41 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90036/6103762

Listed below are links to weblogs that reference ジャックと豆の木~とるにたりない男の成功:

« タンタンのずぼん~○○才以上お断りの絵本? | Main | Harry Potter and Half Blood Prince »