« おやすみなさいおつきさま~‘静’を感じさせる絵本 | Main | にじいろのさかな~”きれい”は人の心を動かす »

July 24, 2005

トルストイ版:3びきのくま

 先日ココフラッシュで「3びきのくま」というタイトルを見つけました。noel さんという方のブログで、この本が紹介されていました。noel さんいわく、ここに出てくる女の子はスープの味、椅子のすわり心地、ベッドの寝心地をそれぞれ試してみて”ちょうどいい”を発見する話なんだと。はあーー!ちょっと新しい発見でした。私はそれまで、どちらかと言うとクマの視点で物語を捕らえていました。女の子の視点で捕らえると、そういう発想ができるんですね。

 確かによくよく考えればこの子はまだ子どもなんですよね。子どもであれば自分勝手に振舞って周りに迷惑をかけちゃうことなんか日常茶飯事ですね。最近では自分の好みもはっきりわからないような子が時々いますが、あれなんかも親がなにもかも決めてあげちゃって、与えてあげちゃうので自分で試行錯誤して選ぶ実体験がたりないのでしょう。ひとつひとつ手にとって試してみることって大切ですね。

 さて、バスネツォフ氏の絵に描かれるクマたちは、どこか獰猛さを備えた力強さがあります。女の子を発見した後も、逃げていく女の子をただあっけにとられて見送るのではなく、怒って追いかけていきます。やられっぱなしで終わってしまうジェイコブズ版のクマと異なり自分達の主張もきちんと通します。

 ジェイコブズに代表される西欧の話と一番違うのは、トルストイ版は女の子に名前がなく、反対にクマたちに名前があること。父がミハイル・ペトノビッチ、母がナタ―シャ・ペトロ―ブナ、子どもはミシュートカです。ナタ―シャやミハイルはロシア文学でよく目にする名前なので、おそらくどこにでもあるような名前をつけたのでしょう。

 以前ジェイコブズ版の紹介をした時、ゴールディーロックスはイギリス人、クマは植民地の現地人という私なりの勝手な発想を書いたのですが、名前があることによりゴールディーロックスは文明人的に、名前のないクマたちは蛮人的な印象を与えるのでしょう。名前を得たことにより、トルストイ版のクマ達は文明文化を担って生活しているのだと感じさせられます。

 女の子の方も、ゴールディーロックスの名前の印象からくる’可愛い金髪の女の子’といったイメージはなく、絵の方もどちらかというと地味で、取るに足りないちっぽけな印象を与えます。トルストイ版を強引に比喩してみると、
クマはロシアの平民、女の子は旧ソ連の社会党幹部・・・でしょうか?


           


 

|

« おやすみなさいおつきさま~‘静’を感じさせる絵本 | Main | にじいろのさかな~”きれい”は人の心を動かす »

Comments

noelです。
ホントに我流の解釈で、すいません。
ぴぐもんさんの解釈は、歴史的背景があって、深いです。
ちなみに、トルストイのくまの名前は、舌をかみそうで、よみきかせには、あまり適していませんね。

Posted by: noel | July 24, 2005 at 10:19 PM

私の方こそ我流解釈で、勝手にひらめいたことを綴っています。noelさんがおっしゃったように人それぞれの物語の捕らえ方があるからこそ、面白いと思います。ジェイコブズ版でも素敵な絵の本を探しているんですが、なかなかいいものが見つかりません。「3びきのくま」に限らず、絵のいい民話の絵本がありましたら紹介してください。では、また☆

Posted by: ぴぐもん | July 25, 2005 at 06:53 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90036/5127436

Listed below are links to weblogs that reference トルストイ版:3びきのくま:

« おやすみなさいおつきさま~‘静’を感じさせる絵本 | Main | にじいろのさかな~”きれい”は人の心を動かす »