« ゴールディーロックスと3びきのクマ | Main | 人魚姫~自らの足で歩くお姫様 »

March 23, 2005

オズの魔法使い~ドロシーの素敵な旅の仲間

 こどものおはなしの中でも私は、日常的なお話より非現実的なお話、とりわけ冒険物が好きみたいです。
中でも「オズの魔法使い」は大好きなひとつです。

 以前、おとなしい女の子4人のクラスで英語劇をやることになったんです。演目は「オズの魔法使い」がいいと早くも決まりましたが、配役を決める段になったらさて困った。4人が4人ともドロシーをやりたがったのです。わかってないなあ。芝居好きの意見を言わせてもらえば、やっていて一番面白みのない役がドロシーなのに。結局配役は公正にあみだで決めました。ドロシーの役を射止めた最年少のアユミちゃんは他の人の倍以上あるセリフをものの見事に覚えちゃいました。「学校の勉強飛んじゃった!」なんて言いながら。それに比べると他の3人はエンジンがかかるのがちょっと遅かったですね。‘やる気’の力ってすごいです。 
 「オズの魔法使い」はとても長い話なので、最初から最後までなんてとても出来ません。~ドロシーが旅の途中で3人の道連れに出会ってオズの国をめざす~という部分のみで構成しました。 

 さて、竜巻に飛ばされて見知らぬ国にきてしまったドロシーは何とかして家に帰ろうとオズの国まで旅に出ます。
物語の主人公にふさわしく勇気と行動力があります。仲間へのやさしさも持ち合わせたいわばいい子です。しかし、この話を面白くしているのはむしろ3人の人間臭い〈設定上は人間じゃない)仲間達です。頭が悪くて脳みそをほしがってる案山子、心がないので心をほしがってるブリキの樵、弱虫で勇気がほしいライオン。
 ところが、頭が悪いはずの案山子はいざという時誰よりも知恵が働き、心がないはずのブリキの樵は誰よりもやさしく、臆病者のライオンはいざという時とても勇敢になります。
 自分ではダメだと思っていることが、実は全然ダメじゃなくてむしろ優れている。なんだか救われたような気持ちになる一冊です。

        「オズの魔法使い」ライマン・フランク・ボーム作

 

       

|

« ゴールディーロックスと3びきのクマ | Main | 人魚姫~自らの足で歩くお姫様 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90036/3408828

Listed below are links to weblogs that reference オズの魔法使い~ドロシーの素敵な旅の仲間:

« ゴールディーロックスと3びきのクマ | Main | 人魚姫~自らの足で歩くお姫様 »